2014年12月23日

授業について

お久しぶりです…。
突然ですが、今日は授業について記事を書きたいと思います。
私は、J1ビザできているので、最低3courses(12単位)、最高4coursesをとらなければなりません。

今更ですが、私がFall Semesterで履修したコースをご紹介します。
まず、日本語のinternshipのコースをとりました。
友達を増やすきっかけになったり、日本語について新たな発見ができたりしました。
例えば、こちらの学生は、五段活用でなくu verb, ru verb, irregular verbというように動詞を分類してそれらの活用を覚えます。

2つ目にCollege Writingというコースを履修しました。
このコースはfreshman用のessayの書き方の授業です。
与えられたお題について、授業時間中にエッセイを書かなければいけない場面が何度かあり、私は(英語でなくても)文章を書くスピードが遅いので、とても苦労しました。
そんな中、教授が、私たち留学生はIntroductionとTopic sentenceのみ書けば良いとおしゃってくれました。
しかし、これはある種あきらめられているわけで、悲しくもなりました。

そして、3つ目に、The Survey of world musicというコースをとりました。
前回の記事に書いたように、来た直後は英語力に不安を感じすぎていたので、アドバイザーの方が簡単だというこのコース選択をしました。
授業内のSmall Discussionで発言できず、悔しい思いはいたものの、たしかに読み物等は少なく「簡単」なコースでした。
このように、前学期は比較的、課題が少なく自由時間が多かったので、無理する事なくこちらの生活に慣れる事が出来ました。
その一方で、前学期は、最初に怖じ気づきすぎてしまったようにも感じるので、来学期は、ゼミの内容にも関連する授業(History系)に挑戦してみる予定でいます。
Historyの授業は読み物の量がすさまじいとのことで不安ですが、最善を尽くします!
posted by 日大国際留学生 at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。